【感想/レビューブログ】京急ウィング号に乗ってみた。めちゃくちゃ便利だしおすすめ、費用対効果良いと思う。

スポンサーリンク

こんにちは、まつマンです。今日は京急が運営しているウィング号をまつマンは頻度高く利用しているので、その感想記事を書いていきます。結論はめちゃくちゃ便利です。

ウィング号の特徴

  • 京急の品川~上大岡間をノンストップで走行
  • 100%座れる指定席
  • 座席指定制は上大岡駅到着まで
  • 窓側・通路側の座席指定可能
  • モーニングウィング号(朝)とイブニングウィング号(夕方~夜発)の2種類あり
  • 1か月定期は5500円、1回は300円。
  • 「KQuick」というウェブサイトか、乗車駅での「Wing Ticket 発売機」で購入可能。
  • 発車1分前までチケット購入可能、チケットはQRコード
  • 車内で飲食できる(出来るだけ目立たないようにすればOK)
  • 警備員も巡回しているので安心

纏めるとこんな感じです。上記は京急のサイトを見ればわかるので、写真を上げていきます。

スポンサーリンク

品川駅の乗り場について

主にイブニングウィング号について解説していきます。

品川駅京急構内図

8号車と4号車部分に入口があります。ほかの入り口はすべて閉まっているので入口は2か所しかありません。

京急のホーム

右にあるのがウィング号です、品川からイブニングウィング号は常に同じホームから出発します。

車外の様子

8号車の入り口です。

4・8号車入り口には駅員が立っています。QRコード読み取り機を持っているので、それを見せて車内に入ります。ちなみにチケットはこちらです。

ウィング号のQRチケット

QRチケットはこんな感じです。QRコードを駅員に見せれば入れます。駅員がQR読み取り機を持っているので、上記画像を差し出すだけでOKです。読み取りもスムースです。

4・8号車以外は扉が閉まってます。

入口は4・8号車のみです。4号車の入り口にも駅員が立っています。

京急構内のセブンイレブン

ウィング号の乗り場前にセブンイレブンがあります、ビール・焼酎・サンドイッチ・おにぎり・おつまみ結構充実しています。ここでビールを買ってウィング号に乗り込む人が多数です。このセブンイレブン結構混んでます。

車内で派手に飲むのはマナー違反です。おとなしく静かに飲んでいたら注意はされません。

また座席にテーブルが無いので飲み物を置くスペースがありません。倒さないようにしっかり管理しましょう。

車内の様子

車内はこんな感じ

京急の快速車両と基本は同じです。ボックス席以外は進行方向を向いている座席です。走っている間は警備員が巡回しています。女性も安心して乗れると思います。

座席番号

座席番号を確認して、席に座ります。座席は全て決まっています。100%座れるので疲れている時はオススメです。

座席の様子

座席はこんあ感じです。窓と席の間に銀色の淵があるのですが、ここに飲み物や携帯を置けそうですが、微妙に斜めになっていて置けません。置くと落ちます、注意が必要です。これが置けるようになると最高なんですが、京急さん改善してほしいです。

ちなみにコンセントはありません。

考えられるデメリット

  • 席が狭いのでスーツケースなど大きな荷物がある時は厳しい
  • 窓側・通路側は選べるがピンポイントの座席指定が出来ない
  • その為隣の席に人が座るか座らないかは運次第
  • 品川上大岡間のみノンストップなので、それ以降はただの快速特急になってしまう。
  • 30~35分おきに出発なので、タイミング悪いと出発時間まで結構待つ。

上げましたがそんなに大きなデメリットではないです。300円なら利用した方がいいと思います。私も乗っている間にブログ記事を作成しています。仕事に使ったり、1杯飲んでリラックスしたり、電車の時間を有効利用したい場合は100%座れる席は最高です。300円の利用価値はあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました