【新社会人必見】立場が人をつくるり、人の成長を促進させるという話

スポンサーリンク

こんにちは、まつマン(@matsuman3)です。 

 昨日YouTubeを見てて、ホストの帝王ローランドが、「立場が人をつくる」と発言してて、びっくりしました。私の好きな言葉の1つなので、この記事ではその事について話てみようと思います。

はいかに遇されるかによって、それなりの人物になっていく。
- ゲーテ -
立場が人を作る。社長は単なる社長だが・・・社長らしい人間になっていくものだな!!

— ビジネスに役立つ名言集 (@torajirou1208) May 3, 2019

→ 昨日読み返したブログに「立場が人を作る」って本当だな、って書いてあったけど本当に本当だな。

— gan_chan (@yokakenp) May 2, 2019

🔶僕がコミュニティ運営をして分かったのは、立場が人を作るってこと。

主催をするだけで、一目置かれます。初めてのときは緊張するし、ストレス。けれど、上手いったか関係なく、イベントが終わる頃には、人前に立つのが慣れていますよ。
だって主催をしていから、聞き手は聞いてくれるんです。

— モジャ@コミュニティ運営人 (@takuya_nakamoto) May 3, 2019

Twitterでも皆さん「立場が人をつくる」ことを実感としているようです。

スポンサーリンク

仕事を自分事化出来ない人達がいます。

大抵の人は仕事を自分事化出来ません。大企業で働く人ほど責任の所在が曖昧だったり、人の頭数が多いので役割分担されてして個人の責任の範囲も狭い場合が多いです。

ベンチャーは1人の責任範囲が広いので、自分事化せざるを得ないケースが発生しやすいかもですが、本当に自分事出来ているのは社長だけという場合もあると思います。

理由について考えてみると、

  • 誰かがやってくれると思ってる。
  • そもそもやる気がない
  • 本人に降りかかってくるリスクが想像できない

などあると思います。自分事化してない仕事は本人が本気で考えてないですし、危機感も生まれません。

自分事化させるには人に立場と役割を与える

強制的に自分事化させるには相手に立場を与えることです。それはゆるい立場では無く、会社の社長や会社からの通達として正式に立場を本人に与える事です。

人事権のない部長が「お前はリーダーをやれ!」では効果はありません。会社から正式にポジションを与え、名刺にポジション名を書くのです。

ポジションを与えたら、責任範囲を明確にします。部下の成長させ部長候補にする。売上〇〇億円の達成。それが君のミッションだ。と明確な目標を与えます。そして、それに対して定期的に報告させたり、悪いところがあれば、本人が考えた改善案を持って来させるのです。

ここで、本人は上長にどうしたらいいですか?と聞いてくるのはNGです、

それはやや思考停止が見られます。。

自分事化出来ている人は、「こうしたいんですけど、いいですか?」と質問してくるでしょう。

その仕事に自分の意思があるかどうか。かが自分事化の第1歩です。

立場を与えると新しい視点が見えてくる

立場とは台の上に立つようなもので、今まで見えてなかった景色が見えるようになって来ます。

立場が上がれば、上の方と話している機会も増えます。部下の話を聞く機会も増えてきます。現場でいた時よりも圧倒的に組織の全体が見えるようになるんですね。

視点が低い時はどうしても個人の利益の追求や、自分は悪くない等低い視点の意見が出がちです。ですが、立場を与えることで、それを考えられる思考に強制的に変化させる事が可能だと思います。

ここまで貴重な時間を割いて読んでいただきありがとうございました!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました