【本人の収支報告】年収1000万円以上の生活はどうなのか?その思考と収入を増やしていく方法。本人の体験談

スポンサーリンク

こんにちは、まつマンです。

今日は僕の年収である1200万円の生活がどう言うものなのか、を話していきたいと思います。

こんな方に読んで欲しい記事です。
  • 年収1000万円以上を目指してるけど、どんな生活なんだろう?
  • 年収1000万円を超えれば、金銭的に楽な生活を送れるのか?
  • ニュース記事は良くみるけど、リアルな人の声を聞きたい。

という方に読んで欲しい内容になっています。

ネコ
ネコ

1000万円あれば、もう安泰だね!

まつマン
まつマン

金銭面は安心だけど、安泰ではない気がする。。。

スポンサーリンク

実は金銭的にそんなに楽じゃありません。。。

結論は1000万円以上あっても不安だし、足りないと感じます。ただ前より生活は楽になりました。

まずステータス確認ですが、私の場合は以下2つを持っています。

・車(180万円ローン支払い完了)

・マンション(3300万円ぐらい、35年ローン)

を持っているので住宅ローンを払い続けてます。

都心から1時間以上かかる場所に自宅があるので、マンションの価格的にはかなり安い方です。都心近くに住めばこの倍の値段はします。車も高級車ではなく普通のワゴンです。負債となるものにはなるべくお金を抑えるようにしてます。

私の年収は1150万円ありますが、うち150万円はボーナスなので、1000万円を12か月で割った金額を月の手取りでもらっています。1000万円÷12か月=83.3万円ですが、諸々引かれて手取りは64万円ぐらいです。源泉徴収が痛い。。。

まずは何に月どれぐらい使っているかを一覧にしました。

月収を何に使っているか?

食費(4人分)¥80,000
カード支払い¥150,000
マンションローン管理費等込み¥130,000
携帯代(2台)¥5,000
水道ガス光熱費¥15,000
ネット接続費¥900
積み立てNISA(2人分)¥60,000
お小遣い¥10,000
資産運用¥100,000
 合計¥550,900
貯蓄¥149,100

保険は毎月1万円程支払っていましたが最近医療保険とがん保険を解約しました。

カード支払いが多いですね、エアコンを購入したり急な出費が重なったこともあって15万円の出費が続いています。

ネコ
ネコ

毎月カードで15万円って使いすぎでしょ。

まつマン
まつマン

はい、、私もそう思います、散財してしまいました。。

それでも15万円は貯金できるので、年間180万円貯金可能。それにボーナスが手取りで年間100万円ぐらい入ってくるので年間300万円程は貯金可能です。年収1000万円まで行けばラクになります。

資金に余裕は出来ました。

上記の表のとおり、毎月16万円資産運用に回しても15万円程余るので、かなりの余剰資金が毎月できます。ここまでの年収になってようやくまとまった貯金が出来るようになりました。

前は年収830万円程度だったので、諸々支払いと手に残るのは4~5万円程度。ぎりぎり生活できる程度でした。

お金の使い方が下手なのかな?と思われそうですが、以下の計算式を基準にしています。

収入ー支出+(運用資金×利回り)=貯蓄

貯蓄を増やす方法は上記の「年収」「支出」「運用資金」「利回り」4つの項目に意識すると良いと思います。

なので、2年ほど前から資産運用を少額で始めました。月10万円程度、今は100万円程投資に回しています。少ない資金でもいいので、まずは資産運用を行って運用資金を増やすと給与以外から収入を得る事が出来ます、会社からの収入のみではなく資産運用を行えば別の収入軸を立てる事が可能です。年収がアップしてからは運用資金に最も多く費用を投下してきました。

この計算式はお金の大学を読むとよく理解できます。

を読んで何をすべきか分かりやすく書いてあります。お金の大学をめちゃくちゃ熟読しました。

支出を減らすことが一番簡単な貯金方法です。

まず、支出を減らしに行きました。まず携帯代。

ソフトバンクから楽天モバイルへ移行。毎月1.5万円かかっていましたが、毎月6000円まで落としました。ここは人によってはもっと落とせると思いますし、キャリアの携帯使っている人を見ると「なんで使ってるんだろう?」と不思議に思います。格安SIMに変えてもキャリア携帯とほぼそん色ないのに、、、

次に保険の解約

医療保険とがん保険で毎月1万円を9年間払い続けたので100万円程払ってますが、残念な事?に健康で保険にお世話になる事はありませんでした。100万円どぶに捨てたようなものです。何か大病にかかった時に費用が払えない人が入るわけで、資金力が出来病気時でも対応できるなら入る必要はないと考えてます、また社会保険でも十分手厚い保障を受け取れます。

食費の見直し

ビール・お菓子・アイスの購入回数を減らしました。嗜好品は高いですが、中毒性もあるので必要最低限に、無駄に多く買いモノはしない。ペットボトル製品はなるべく買わない。コンビニで買い物せずスーパーで買えば1商品50円程違いが出てきます。なるべく安く済ませるために、100円均一を愛用しています。

ポイント活用開始

楽天ポイントが貯まるように意図的にネットの買い物は楽天に集約。楽天証券、楽天ブックス、楽天トラベル、楽天ゴールドカード、楽天銀行、楽天Pashaなど楽天サービスを活用しまくってポイントを貯めています。今は楽天での買い物は常に10~12%引きで買い物できる状態を作っています。

楽天ポイントについては以下の記事も参考にしてみてください。

収入の軸を増やした

会社だけの収入では先が見えていた

会社の収入ランク表では、目標としていた1000万円には最低5年以上かかる。自分の会社には退職金もないので現役でバリバリ働ける状態で収入を最大化する必要がありました。おそらく65歳かそれ以上の年まで働く事になりますが、退職金もない会社で40代の10年間で稼ぎまくって子供の学費が払えるまで貯金する事が必須だと考えました。

そうすると会社からの収入を増やす必要がある事、会社以外の収入を作ることが必要だと考えました。

副業を開始した

自分のスキルを活用して副業を開始しました、最初はブログ記事の執筆、1文字1円ほどの案件で2000~3000円程の仕事で数をこなしました。幸いなことにWEB上にWEBマーケティングのノウハウを求められる副業が多く転がっているので、片っ端から応募して案件を獲得しに行きました。

兎に角行動した

ブログ・アフィリエイト・セルフバック・株投資・AI投資・NISA・動画配信などお金になりそうな副業はすべて実施しました。損したり続けてないものもありますが、まずはやってみて走りながらどうするか考える事にしています。

転職・副業についてはこの本が最強です、この本に出合って思考法が変わり年収を360万円上げることに成功しました。

余剰資金を投資に回し始めました

先ほどの計算式で収入を上げる/支出を減らす以外にお金を増やすのは投資と利回りです。100万円投資して利回り3%なら3万円の利益、それは不労所得として得ることが出来ます。副業も時間労働がどうしても必要なのですが、投資なら働かなくても収入を増やすことが出来ます。

この記事もオススメです。

結論は?

1200万円まで行けば、資金余裕はかなりできます。投資して老後の資金を貯めれますし、今の生活も楽になります、1000万円だと余裕は出来ますが、将来を考えるとまだ足りない状態です。投資できるものの投資額が小さくなると思います。1000万円は労働人口の4%と言われており、かなり少ないですが、1000万円でリッチな生活が送れるか?の問いには「まだ足りません」が私の回答です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました