fbpx

あなたは上司が怒る心理を理解していない。すぐ怒る上司の対処法を解説していきます。

スポンサーリンク

こんにちはまつマン(@matsuman3)です

悩み 原因 目的 アドラー 転職 就職 就職活動 就活

今回は、

  • すぐ怒る上司の下について不幸だ…。
  • なんでこの人は俺にこんなに怒っているんだろう…

という人に向けた話が出来ればと思います。

まつマン
まつマン

怒る人はめちゃくちゃ苦手です。。

スポンサーリンク

原因論と目的論を考える

いきなりですが、アドラーという心理学者の話を出すと上司の気持ちが分かってくると思います。アドラーは「我々は何かしらの目的があって現在の結果が生み出されている」という考え方を提唱している人です。

原因論とは

原因論とは過去の出来事があって、今が生み出されているという考え方ですね。

「上司に仕事でミスしてしまったから怒られる」

は過去の出来事(ミス)が怒られるという

過去の事象が怒られる要因を生み出されていると言えると思います。

ですが、アドラーはこれを「見せかけの因果関係」と呼んでいるんですね。

つまり、、1つの原因(過去のミス)で発生する事象(怒られる)ではないという事です。

分かりますかね。分かるづらいですね。

上記の例でいえば、原因(ミス)があっても

怒る人がいれば、怒らない人もいる訳で

ミス=怒られる

という方程式は成り立たないと思います。

目的論とは

何かしらの目的があって現在の状況が生み出されているという考え方です。

先ほどのミスを例にとると、上司が怒っているのは部下がミスをしたからではなく、

  • 部下に怒ったことをばねにして成長してもらいたい。
  • 上司が部下に対してマウントを取りたいから怒った

という目的があって発生しているという考え方です。上司が怒ったのはミスに対してではなく、将来部下にこうなってほしい、成長してほしいと願って怒ってたという考え方が目的論に沿った考え方です。

原因論って過去怒った事実に対して結果に結びつけているので、結びつきやすいんですよね。ミスがあったから怒るは誰しもがわかりやすい因果関係だと思います。

原因論だけで考えると委縮します。

原因論を突き詰めると大体以下の思考になっていきます。

  • ミスして上司に怒られた。。だから上司に話しずらくなってしまった。
  • 企画の相談したいけど、過去怒られたから相談できない。。。
  • もう怒られたくないから指示があった事だけやろう

これでは自分事化できなくなります。部下も報告をしなくなりお互いの関係は良くなりません。

怒ってくる上司はたいてい無能です。

結論は怒ってくる上司は無能なので無視してOKです。いやなら部署移動。それが出来ないなら転職した方がいいです。上記の前向きな目的論を基準に怒ってくるのであればまだ許せますが、怒るは陳腐な感情表現の1つです、それを社会の前で堂々と出してくる時点でついていくべき存在ではないと思うのです。

そんな人間の為にあなたの命の時間を削る必要はありません。さっぱり忘れましょう。

打開するには0秒思考がおすすめです。

そんな中でも現状を打開していく必要はあると思います。今、私が実践しているのが0秒思考です。簡単に言うと A4用紙にタイトルを決め、1分で思考を言語化していく訓練です。これを怒られた後や仕事でもやもやした時に行うことで自分の思考を整理する事が出来ます。

最初は本当かな…とおもいましたが、実際やってみるとかなり頭の整理が出来ます。自分が何を考えているのか、を洗い出せます。

怒ってきたことに対して、怒鳴り返したい気持ちはありますが、怒ったら負けです。以下記事でそれについて詳しく書いてます。

まずは自分の気持ちを落ち着かせ、A4メモ用紙に気持ちのもやもやをぶつけてみてください、自然と整理されモヤモヤが消えていきます。0秒思考オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました