お金の基礎知識をつける!ファイナンシャルプランナーを独学で3級チャレンジしてみた(予定)

こんにちは、まつマンです。

先日、こんなツイートをしました。

ファイナンシャルプランナーの資格にチャレンジしようと思います。

 

新しいことにチャレンジしないと成長がストップする。

死ぬまで困らない程お金を持っている人っていますよね。

ホリエモンとか、ベンチャー社長などなど。

でも、皆めちゃくちゃ働いてたり、

ワーカーホリックだったります。 

 

それって、何もしない、何もチャレンジしない事って

自身の成長に繋がらないからだと思うんです。

 

遊びの中でもチャレンジは存在します。

ですが、遊びでチャレンジすることなんて半年あれば

やりつくせます。

その後何も残らないんですよね。

 

株で儲けた人も、成長幅が少ない人が多いと思ってて、

何かを買って売っただけでは成長はしづらそうです。

 

厳しい環境や、恵まれた人材と

一緒に仕事をする事で、

その人自身が成長を感じられると思うんです。

 

なので、私も新しい事へのチャレンジは

積極的にするべきだと思い、

まずはお金の基礎的な事を知っておくべきと考え

家にあった参考書を引っ張り出し

ファイナンシャルプランナー3級を受けてみる事にしました。

 

人生のお金イベントの基礎的な部分が詰まっている。

ファイナンシャルプランナーって一言いうと、

満遍なく&薄くお金の知識を得る感じなんです。

不動産・税関係・金融・相続

など全般的に学ぶんですが、どれも浅いんです。

不動産なら宅建士

税なら税理士

金融なら証券外務員

 

などそれぞれの専門分野・プロフェッショナル資格がありますが、

ファイナンシャルプランナーはどの領域も学ぶんです。

ですが、1領域が薄い。

 

その分、宅建士より出来る事は劣るのですが、

幅が広い=基礎的な事を知っておける

と理解し、今回取得を目指す事にしました。

 

勉強してみて意外と知らない事が多かった。

私だけかもしれませんが、

結構知らなかった事が多くてびっくりです。

 

例えば

自営業の人が入る保険=国民健康保険

会社員が入る保険=健康保険

ですが、

この違いって判ります?

 

正解は「出産手当金」「傷病手当金」が

国民健康保険にはないんです。

 

なので、独立(自営業)を考えているなら

会社員で健康保険適用中に出産を終えて

出産手当金をもらってから、自営業を開業したほうが

手当金がしっかりもらえます

 

ちなみに出産手当金は

出産のために会社を休み、給与が支給されない場合に

出産前の42日間、出産後56日間仕事を休んだ日数分

支給される手当金です。

 

一定の計算式で出ますが、簡単に書くと、

会社からの月額報酬額が平均30万円だった場合、日額6,666円が支給されます。

30日間が該当の日数だった場合、30日×6,666円=199,980円

支給されます。

 

これって結構大きいですよね。

 

知っているか、知らないかで大きな違いです。

また、退職後20日以内に申請すれば、

退職した会社の健康保険に退職後2年間加入する事が可能なんです。

 

全然知らなかったです。。。

無知は罪ですね。

 

義務教育でやったほうがいいレベル。

義務教育で学ばないのか、不思議です。

お金にまつわることは納税の義務ぐらいで、

ほとんど学校では何も教えてくれません。

 

保険がどういうものがあるのか、

将来、家を買うときにいくら用意しておく必要があるのか。

納税を怠らないよう 所得税の申告と納付の仕組みを理解しておく。

 

等々、絶対知っておくべき情報満載なのに、

何故、学校の授業に入ってないのでしょうか・・・?

 

今後は個の時代になります。

自分自身で知識を身に着け、

損をせず、知識と意思を持って

行動できるように今から準備しておきましょう。

 

一発合格!FP技能士3級完全攻略テキスト19-20年版 [ 前田信弘 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2019/11/24時点)楽天で購入
FP技能検定教本3級(下巻 ’19〜’20年版) 年金・社会保険/タックスプランニング/相続・事業承継 [ きんざいファイナンシャル・プランナーズ・ ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2019/11/24時点)楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました