fbpx

勉強しない大人たち、YouTubeにはいくらでも有益な情報があるから勉強すべきです。

スポンサーリンク

こんにちは、まつマンです。

学生時代は学校が終われば家で勉強したり、常に勉強している習慣がある人が多いとおもいます。ですが社会人になったら急に勉強しなくなりませんか?仕事が終わればどうしても家でダラダラしてしまいますよね。学生時代から比べると継続的に勉強している人は少なくなるとおもいます。それについて話していこうとおもいます。

スポンサーリンク

社会人になると勉強しなくなる

社会人になると感じるのは、学校で学ぶ事は会社員生活で役に立つ事は少ない気がします。医師や専門性の高い職業の場合は別ですが、ほとんどの人は会社員になり学生時代の勉強を活用して働く人は少ないのではないでしょうか?

社会人になっても学ぶ事はありすぎる。

例えば、税金関係は社会生活を行うにあたり必要不可欠です。給与所得をもらう人は自分の控除や何に対して給与から税金を支払っているのかを把握しておく必要があるとおもいませんか?それなのに学校や会社では税金の知識は教えてくれません。なので、会社に入って自ら積極的に勉強しないといけません。

保険や投資のことについても必要に知識です。保険は結婚する際や子供を持つと検討しますが、入る前にしっかり勉強する人はいないのではないでしょうか?一軒家やマンションを購入する際は銀行にローンをする必要がありますね、車や高額商品を購入する際にカードで購入して便利なリボ払いにする。これにも手数料が多くかかり、知らないままではカード会社に手数料ばかり払って元本返済が遅れたり。。あげるだけでキリがありません。

また、資産活用の知識も必要です。老後2000万円問題が言われるなら政府も自分自身で投資していく必要性を説いています。でもそれを学ぶ事については学校の学習要項には入れてないですよね。学校教育に入れても良いと思うぐらい今後の資産活用には必要です。

義務教育の中の授業に組み込んで欲しい

元素記号や、歴史を学ぶ事は必要なことだとは思いますが、必須な事ではないですよね。元素記号を仕事に生かす職業に就く人はめちゃくちゃ少ないと思います。「税金」「資産活用」の授業は必須科目にしてよいと思います。できれば中学校までに組み込んで欲しいですね。

情報弱者はかならず搾取されるから勉強が必要です。

先ほどリボ払いについて触れましたが、一見便利と思っても多額の手数料が掛かることを分かっていなく、目先の利便性だけで物事を判断してしまっては搾取され続けます。情報を把握しておく事は自分の身を守る最低限の知識です。まずは身の回りのお金の事について把握していく必要があると思います。

Youtubeには学べる場がある。

両 学長のリベラルアーツ

税理士大河内薫の税金チャンネル

キミアキ先生の起業酔話

中田敦彦のYouTube大学

は最低限見ておくべきチャンネルです。

特に両学長のYoutubeチャンネルは税金から節約、投資、不動産、賃貸契約など情報の幅が広く説明が丁寧且つ、チャットワークで各ジャンルのグループがありブログや税金等を個別に相談も可能です。動画を見て勉強し、知識マッチョになる事が大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました