東大卒のっていくら稼いでる?平均年収は?一般人は稼ぎたいならリスク負いなさい。

 

 

こんにちはmatsuman (@matsuman)です。

東大 東京大学 高学歴 優秀 頭良い

 

・東大生になると、どれぐらい稼げるんだろう。。

・社会人になると東大生って有利に働くのだろうか?

 

と思っている人に読んでほしい記事です。

 

こんな記事を見つけました。

 

president.jp

学歴別 平均年収ランキング

 

これによると東大生の卒業後の平均年収は

631.5万円だそうです。

DODAに登録した人が母数なので

3〜5年目ぐらいでしょうか。20代の人が多そうです。

 

仮に

5年目なら、27~28歳ぐらい。

600万円/年もらえるなら

かなり多い感じですね。

 

やはり世の中の東大生の市場価値は高そうですね。

また東大生の親の年収が高いというデータも出ています。

www.newsweekjapan.jp

東大の入学費用(学部学生)は28万円

授業料は年間58.5万円です。

それほど大きな金額ではないので、

 

入るまでの教育にお金を掛けていることが

多そうです。

 

東大生は仕事の選択肢が多い。

 

私も会社で面接官をやります。

会社の新卒の面接はこれから多いかもしれませんが、1時間の面接で

分かることなんてたかが知れています。

 

悪いところがないか、身だしなみがきれいか。

外側のチェックするぐらいで

 

その人本人の本質は実際に仕事をしてみて、

窮地になった時に初めてわかるものです。

 

なので、面接で分かりやすい判断指標が学歴です。

東大生に行くぐらいなら、

・効率的な勉強方法をして来たんだろう。

・ハードな勉強を乗り越えて来たんだろう。

・多くいる志願者の中から勝ち上がってきたんだろう

 

と思うのが普通ですし、その判断は

正しいと思います。

 

つまり学歴は誰しもが持つ分かりやすい指標なんです。

努力して来た結果ですね。

それを判断している人も高学歴ならなおさらです。

 

 

 

このTwitterのコメントに同意ですね。

 

また東大出身の多い会社であれば、

なおさら有利に働きます。

 

高学歴を優先的に採用する会社は今でもありますし

東大生の市場価値は高く、

企業から内定をもらう確率は高いと感じています。

 

www.todaishimbun.org

=====

 民間企業への就職を希望する学生のうち既に内定を得ている割合は42.0%で、

さらに全体の17.0%が「すでに就職活動を終えた」と回答。

就職活動を継続して行っている学生の83.1%も、経団連が

選考開始として定める6月には就職活動を終えるとした。

 

 最初に内定を得た時期として最も多かったのは2019年1〜2月(43.2%)、

次いで2018年10〜12月(35.1%)で、それに2018年8月〜9月(13.5%)が続く。

2018年7月以前に内定を得た学生も8.1%いた。

=====

 6月時点で就職活動が終了する東大生が多いようです。

どこまで大学ブランドが社会人で通用するのか

私が思う大学ブランドが通じるのは

・東大

・京大

・一橋

・早稲田

・慶応

ぐらいですかね。

それ以外はほぼ同一だと思います。

*地方国立は除く

勿論上記以外から優秀な方が出ていることも

知ってますし、社会的地位のある人もいるでしょう。

筆者も上記の大学出身ではありません。

 

ですが、最初に与える印象がより良くなることは

間違いないと思います。

 

これらの大学を出た人は何かしら優秀な

能力を持っているのでは?と思うのでは

無いでしょうか。

 

ただ、期待値が上がっているので、

入社してから「東大大したことないな…」と思われる可能性も

あると思います。

==================

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東大生が書いた問題を解く力を鍛えるケース問題ノート 50の厳選フレームワークで、どんな難問もスッキリ「地図化」!/東大ケーススタディ研究会【合計3000円以上で送料無料】
価格:1620円(税込、送料別) (2019/8/16時点)

楽天で購入

 

 

==================

 

では、どうしたらいいのか? 

上記の大学出身者ではない人はどうしたらいいのでしょうか? 

同じ土俵に立っていては中々追い越す事は難しいでしょう。

 

なので、筆者は

リスクを負う事だと思います。

 

前提としてまず普通の企業で働き、

普通の年収を得たいなら

リスクを負う必要はありません。

 

ですが、普通以上に稼ぎたいなら

リスクを負う必要があると思っています。

 

リスク=チャレンジとした方がわかりやすいかもしれません。

たぶん、東大じゃなくても30歳で500~600万円ぐらいは稼げると思います。

 

30歳で1000万円以上かせぎたいなら

広告代理店なら電通・博報堂。

コンサルならマッキンゼーかゴールドマンサックス。

商社なら三菱商事か住友商事。

もっとも高いところならキーエンスでしょうか。

 

これらの会社に入るしかないです。

*企業ごとの年収は以下参照 

www.motesetu.com

 

じゃあ高学歴じゃなくて

上記の企業にも入れてない僕らはどうしたらいいのか。

リスク=チャレンジと話しましたが、

この場合

・起業

・副業

・投資

を意味しています。

 

本業の年収が低いなら

知識と経験と人脈を身に着けて起業するしかありません。それか、

本業で稼ぎつつ副業をして2軸で稼ぐしかありません。

 

車やマンションを買わず投資をして地道に稼ぐしかありません。

車やマンションなど固定費が掛かるものは

資産ではなく負債です。 

 

マナブさんのように物価の低い海外で生活して

生活費を下げていく事もありだと思います。

manablog.org

 

私のブログでも何度も書いていますが、

会社が終身まで面倒見てくれる時代は終わったので、

起業・副業・投資をやらない事=貧困老後を意味していると

思っているので、筆者は焦りしかありません。

 

www.matsumanblog.site

 

40代で稼げるだけ稼ぎますし、

そのための知見蓄積のためにブログを書いています。

皆さんも高学歴じゃないですが、

稼ぎたい!と思うのであれば、

・起業

・副業

・投資

是非行ってください。

 

筆者は副業をメインに、あとはウェルスナビで

www.wealthnavi.com

緩やかに投資しています。

最近積み立てNISAも始めました。

 

 

以前株をやっていましたが性格上どうしても

上がり下がりが気になってしまうので、

自動投資でほったらかし運用のウェルスナビが

自分には向いているなと感じて始めました。

 

ウェルスナビについてはまた別の記事を書こうと思います。 

 

是非読者の方々も行動に移してほしいと思います。

貴重な時間を割いてここまで読んでいただき

ありがとうございました!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました