matsuman(まつマン)のお金を稼ぐBlog

広告代理店→事業会社→広告代理店に戻る 副業を推進していくブログです。趣味は筋トレ

退職金がない会社にいる人の働き方

こんにちは、mastuman(@mastuman3)です。

退職金 退職 年金 リタイア 仕事 副業 

 

今回は退職金がない会社にいる人に対して

  • 退職したら生活費どうしよう
  • 一生働かないといけないのだろうか。
  • マンションのローンを前倒しで支払わないといけないのだけど、、、

みたいな悩みを持っている方々に読んでもらえればと思います。

 

 

退職金がなくて今のうちから考えて対応している人もいますね。

 

 退職金がない会社ほど副業を禁止している

退職金がない会社は退職者が多いような感じがしています。

退職者が多いから、いちいち退職金を払っていられないし、

退職金を用意できる資金力もない。

 

あとは、ベンチャー企業でそこまで福利厚生が充実していない。

など上げられると思います。

 

 いちいち会社のルールなんて守ってられない。

会社のルールに沿って業務をすることはとても大事という前提ではありますが、

私は会社のルールを律儀に守っても、会社は何も保証してくれないと思っています。

60歳になって急に会社が退職金を払ってくれることはまずないですし

55歳ぐらいから生産性低下を理由に給料を下げてくる事すらしてきます。

 

会社に帰属する働き方から変えないといけません。

ルールがあるからやってはいけないなんて、まじめな事言っている

場合ではありません。貧困老人まっしぐらです。

 

自分の人生なので、自分でちゃんとお金を稼ぎ老後を守らないといけません。

会社が守ってくれる時代は終わりました。

 

l 個人として仕事を貰える人になれ

大手代理店の有名なクリエイターは会社名よりも個人の名前の方が

有名になるケースが多くあります。

佐藤可士和さんがいい例ですね。博報堂にいた後、独立されました。

 

会社名よりも個人が有名になるとその人指名で仕事が来ます。

SNSで誰でも発信できる世の中になり、

個人でも有名になれる環境がある中、

それを活用しない手はないです。

個人で稼げる力を身に付けるために

会社を利用してください。

 

会社員でも1000万円稼げるのは労働人口全体の4%程度です。

通常の人なら700~800万円がいいところかもしれません。

それで退職金無かったら、貧困老人確実です。

国は何も助けてくれません。

 

自分で稼ぐのです。

なので、副業はマスト。

というか副業を主軸にするべきです。

会社の仕事が副業を成功させるためのツールと考えていくべきだと思います。

  

いかがでしたでしょうか?

貴重な時間を割いてブログを読んでいただきありがとうございます。

コメント頂けたら嬉しいです!!