matsuman(まつマン)のお金を稼ぐBlog

広告代理店→事業会社→広告代理店に戻る 副業を推進していくブログです。趣味は筋トレ

コンクルージョンファーストと言う側の気持ちについて

こんにちは、matsuman(@mastuman3)です。

 

コンクルージョンファースト 結論 話し方 上司 部下

今日は結論は何?って言われないために

結論ファーストを優先している相手がどう思っているのか?

を書いていこうと思います。

 

 関係性ありきの言葉

「結論は何なの?」って言われる側と言う側には

上下関係が存在しています。部下が上司に結論は何?

って言う人は多くは無いですよね。

言われて感じのいい言葉ではないので、

言っても関係値の壊れにくい状況が必要です。

 

あと、これを言う人は男性に多い印象です。

女性は話を聞いてほしい、結論じゃなく過程を

聞いてほしい傾向があります。

 

結論は何なの?と言っても

女性は結論を言いたい訳ではなく

過程を聞いてほしい所もあるので、

かみ合わない事が多いですね。

 

ですし、女性に「今日はデート終わりにセ〇〇スしたいから

いい?」とは絶対に言わないですよね。

結論ファーストは使いどころは見定めましょう。

 

 プライベートの発言では言わない言葉

「結論何?」をプライベートで乱用する人も

あまりいないと思います。ただの感じの悪い人になりそうですし、

ビジネス上の関係性があるから出てくるものではないでしょうか?

自身もプライベートでは、言われたことも言った事もありません。

プライベートでこれを言う人は

相当仲がいいか、相当仲が悪いかどちらかですw

 

 

 発する側はどう思っているか

これを発する側は相手に

・相手にマウントをとっておきたい

・相手の話が長いと思っている

・相手のトーク力UPの為

・自身がせっかちもしくは忙しい

などいろいろな理由があると思います。

 

特に話が長い人は過程から話す人が多いですね。

話の長い人は自分の考えがまとまってないまま

話している印象ですし、非ロジカルな印象を相手に与えます。

 それに嫌気がさして「結論何?」と言われる場合が多いのではないでしょうか。

 

忙し人も同様です。

過程よりも結論を聞き、それに対してなんらかの答えを

相手に伝えなければならないと思っていると思います。

 

 

 どうしたらいいか

当たり前ですが、結論から言いましょう。

具体的には、これからする話は

・報告

・連絡

・相談

どれなのか。最初に相手に伝えてください。

ferret-plus.com

「すいません、ちょっと話が、、、」

ではなく

「すいません、〇〇の件で相談があるんですけど」

と伝えると相手側も聞く準備ができます。

 

その件だったら、〇〇さんに聞いたほうが詳しいよ

と最初の話だけで効率的な対応をとることも可能です。

 

また結論を伝えた後、相手は何故そうなったかを聞いてきます。

「〇〇の件、補填の対応をすることになりそうで、、、」

と言えば

「何故そうなった?」

と必ず聞いてくるでしょう。

 

その際、説明時の注意点は

相談の目的を明確にしてください。

この話をした後に相手(上司)にどうして欲しいのか。

・クライアントに謝罪に一緒に行ってほしいのか。

・どうしたらいいのか判断を仰ぎたいのか

・ただ、伝えておきたかったのか

 

自分が相手にお願いしたいことを明確にして下さい。

 

その上で、話の

・登場人物

・そうなった原因

 

を分かりやすく伝えるよう意識すると良いと思います。

 

 記事の書き方も同様

この記事自体がコンクルージョンファーストになってないので、

説得力に欠けますが、ブログ記事自体も

・誰対してのメッセージなのか?

・どんな課題を解決してくれるのか?

・結論何なのか?

 

を最初に提示すると読み手もわかりやすいですよね。

 

ブログ記事に来ている人は、

・ただ暇つぶしに来ている

・何かしら悩みを持っていてそれを解決する方法を探している

 

の2パターンあると思います。

私もGoogleAdsenseが審査通過せず

人様のブログをめちゃくちゃ回遊しています。

 

課題解決できる情報は読みに行きたくなりますね。

 

結論先に、過程は後に。

を意識すると相手に伝わりやすく

自分の思考も整理できると思います。