お金の基礎知識をつけよう!iDeCo加入者の属性は?推移も。

こんにちは、まつマンです。

現在、NISA,ウェルスナビなど資産運用中ですが、

追加でiDeCoも検討中です。

そこで、iDeCoについて調べてみました。

基礎からわかる!つみたてNISA&iDeCo ライフイベントにあわせた資産形成と老後の資金づくり (メディアックスMOOK)楽天で購入

iDeCo加入者の推移はどうなっているのか?

以下は厚生労働省発表の資料からの抜粋ですが、

iDeCo加入者の推移

2017年度末時点で85万人と、前年の43万人の2倍に増えています。

表にはありませんが、2018年度末時点では112万人に増えているそうです。

ただ加入できる人は全国で6733万人いるので、

加入率は1.6%です。

めちゃくちゃ低そうですね。

世間には浸透していないようです。

  

iDeCo加入者の年齢は?

40代が最も多い結果に、、

20代 5.1% 約5.7万人

30代 21.1% 約23.6万人

40代 39.5% 約44.2万人

50代 34.2%  約38.3万人

の結果です。40代の加入割合が最も多いですね。

 

40代の日本の人口は約2000万人ぐらいなので、

加入の多い40代でも年代人口比較でも

加入率は2.2%程度になります。

 

40代でも50人に1人しか入っていないので、

これは低そうです。

 

iDeCo加入者の掛け金は?

これだけ見ると複雑すぎる・・・

複雑な図ですね。これ見せられたら、

加入を断念しそうですが、

会社員であれば第2号被保険者に該当するかと思います。

 

多くの会社が企業型も確定給付も実施していないと思うので、

図の左から2番目の部分ですね。

 

月額2.3万円(年間27.6万円)がiDeCoに投資できる上限金額です。

 

では、2.3万円を毎月投資するとどうなるか。

40歳から20年間、2.3万円を毎月投資したとして、

利回りを3.5%で行ったとします。

そうすると、60歳の時点で、

800万円の貯蓄になります。

 

2.3万円×12か月×20年=552万円なので、

iDeCoでの運用益は248万円ということになります。

これは大きいですね。

 

この辺りは金融の計算サイトが多くあるので、

簡単に計算できますね。

金融電卓 取崩し-受取金額

ですが、これは利回り3.5%出た場合になります。

 

損する場合も考えられますが、

どれだけ損している人がいるのでしょうか?

運用利回りの分布

ちょっと見ずらいですが、

運用利回りは1%未満が最も多いようです。

ですが、0%未満の利回り(つまりマイナス)の割合は

かなり少ないようですね。

 

iDeCoのデメリット

iDeCoのデメリットも理解しておく必要があります。

一番大きなデメリットは

60歳まで運用資産を引き出せない。

ですね、途中解約も認められてないので、

完全な老後資産用です。

 

何かあったときに対応できるように

余剰資金で投資する事が大事です。

 

手数料がかかる。

  • 加入時・移換時手数料 
  • 口座管理手数料
  • 給付事務手数料 
  • 還付事務手数料

が掛かります。

加入時/移換時手数料

企業型DCに加入していた方が退職して個人型確定拠出年金(iDeCo)に引っ越し(移換といいます)する場合には、国民年金基金連合会に対する一時的なコストとして2,829円(税込)の手数料

口座管理手数料

加入者にかかわるサポート費用です。企業によって異なります。

給付事務手数料

給付金を受け取る際には、給付一回につき440円(税込)の手数料がかかります。

たいした金額じゃないですね。。。

還付事務手数料

還付というのは、掛金が

  • 法令の限度額を超えて拠出されたとき
  • 国民年金の保険料を納付していない月の分として拠出されたとき
  • 加入資格のない方が拠出したとき

のいずれかに掛金の一部または全部が加入者に返還されます。その手数料ですね。

 

結論は?

手数料なんて気にする必要ないと思います。

 

それよりもこのリストラが横行する中

自分の身は自分で守りましょうですね。

無理ない金額で絶対やったほうが良いと思います。

私も使っているSBI証券がおすすめです。

基礎からわかる!つみたてNISA&iDeCo ライフイベントにあわせた資産形成と老後の資金づくり (メディアックスMOOK)楽天で購入

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました